知的資産とは

知的資産とは? →→ 企業の強み

「知的資産」とは、人材、技術、組織力、顧客とのネットワーク、ブランド等の目に見えない資産のことで、企業の強みであり、競争力の源泉となるものです。


 決算書には、表れてこない資産なので「目に見えにくい資産」ともいわれます。


決算書に表れる資産を「物的資産」を捉えるのに対し、目に見えない資産を「知的資産」と捉えることができます。

知的資産と知的財産と知的財産権

知的資産、と聞けば「あぁ、特許でしょ」とよく間違われるのですが、知的資産は特許をはじめとする産業財産権を指しているのではありません。(言葉がよく似ているので仕方ないのですが…)

知的資産の中には特許権も含みますが、もっと広い概念を指しています。


知的資産

後述する知的財産権と知的財産だけでなく組織力やネットワークといった人的・組織的資本を包含します。


知的財産

知的財産権とブランドや営業秘密など権利化はされていないものの取引の対象となりうる資本を含む概念を指します。


知的財産権

特許権、商標権など産業財産権として権利化された財産を指します。

図:経済産業省「知的資産ポータル」


知的資産の種類

人的資産 ・経営者や社員に依存している資産。
・その経営者や社員が辞めれば会社から
 失われる資産。
(例)
社長のリーダーシップ、ベテラン社員の経験、ノウハウ、モチベーション等
構造資産 ・会社の「仕組み」として定着している
 資産
・社員が辞めても会社に残留する資産。
(例)
社風、習慣、マニュアル、システム、データベースなど
関係資産 ・企業の外部(顧客や協力会社等)との
 関係で築かれている資産。
(例)
顧客満足度、宣伝力、ブランド、信用、協力会社との関係、金融機関への交渉力等

知的資産経営サポートグループ




知的資産経営LINK